読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅうえもんのおと

いろんなことを書くつもりです。






いつでも家に人を呼べる人って尊敬する


スマイレージって番組で、2か所の街で女性に声をかけて、家に入れてくれた人の家賃を足していってどちらが勝つか…っていうのをしてた。

 

こういうの見て思うんだけど、いきなり家に押しかけられても平気な人って尊敬する。

 

自分の家に人を呼べるタイミングなんて、ほんのわずか。
人が来る予定があるから掃除したっていう直後だけ。

やっぱり髪の毛一本落ちてるだけでも気になるし…。
あれって、自分の髪の毛だからまだ許せるけど、他人の髪の毛って、気持ち悪いと思うんだ…。
来客者に髪の毛一本でも見つかったら、来客者が気持ち悪い思いをするんじゃないかと思うと、綺麗な状態じゃなきゃ、家に入れられないし…。

でも、自分が人の家にお邪魔するときには、髪の毛が少しくらい落ちてたって、気持ち悪いとまでは思わないよ。だって、自分だって、いつも掃除が行き届いてるわけじゃないから。たくさん落ちてたら嫌だけど。

 


友達の何人かが、いつでも家に人を呼べるタイプで、その中の何人かは、いつ行っても部屋がきれい。掃除してなくても気にせず家に入れちゃうタイプもいる。
掃除してなくても気にせず家にいれちゃうタイプになればいいんだけど。
でもダメ!気になる!


良く見せたいと思うからかな??
それもある。
けど、やっぱ、汚いと分かってて、それを人に見せるっていう気持ちにならないっていうか…。
汚くてもいいよって言われても…ダメだー!

んじゃ、掃除しろよってか。
んだべなー。だべよ。

 

 

いつでも部屋をきれいにしてた友達をマジで尊敬してる。
全部が全部、杓子定規にきちっとしているかと言えば、そうではないんだけど、また、そこがいいじゃない。

 

そういう人達は、掃除が楽しいのかな?
たまに、掃除が好きっていう人がいるじゃん?きれいになるからって。
れいになるのは嬉しいんだよ。でも、きれいに「する」のって、大変じゃん?だから面倒だって思っちゃうんだよね。
物が多いところとか、マジでうんざりする。なーんにもない部屋なら、掃除って簡単だけど。


そっか。だからミニマリストとか出てくるのか。
物がないと、きれいに見えるよね。掃除だって、簡単だよね。

 

でも、物を集めるのが大好きなのよ。
でも、物が少ない部屋も大好きなのよ。
でも、自分の周りにあれこれ物を置いちゃうのよ。


ああああああああああああああああああああ


掃除をすれば何かいいことがあるって思わなきゃ…できない…

あ…
だから、風水とかが受け入れられるのか。

掃除をする意味を、将来いいことが起こるためだってことに結び付けて。
清浄にすれば、いい運気が入ってくるって。

 

でもこれって、昔からの教えを他のことと結びつけたものだよね。
みんな、あまりにも掃除しないから、いい運気が逃げるとか、不浄だとか言って、掃除させたのかな。

 

電話が嫌い

電話が嫌い。

 

かけるときも、かかってきた電話に出るときも、気が重い。

電話をかけるのがストレス。

 


相手は、今、何をしているだろう?
今、かけてもいい?
最初のひとことはどう言ったらいい?
「もしもし」って言っていい?
最初になんて言ったら伝わりやすい?


考える。
そして嫌になって後まわし。

 

でも結局期限に追い詰められて電話をかける。

 

もっと早くにかければよかった…。

 

 

電話がかかってくるのも、ストレス。

電話に出て、話し始めて、話が乗ってくればストレスを忘れる。

でも。話が長い人からかかってきたら。

時間がとられる(奪われる)って思って。

ストレス。

 

電話がかかってきたら、自分がしてたことを、いきなり、中断しなきゃいけない。
それを、わずらわしいとかんじる。
わがまま、だから。

 

 

急な変更があるときは、電話があると便利。

 

 

勧誘の電話なんて、消えてなくなればいい。

時間泥棒。
その1分も私の人生。私の人生を返せ。

断るのもストレス。

 

 


電話で話すよりも、文字で終わらせたい。

 

電話、嫌い。
かけたくない。
かけてこないで。

 

 

   

 

 

地上波で「アナと雪の女王」を見た感想

ディズニー映画「アナと雪の女王」が地上波テレビ放送されていたので、見た(「観た」というよりは、「見た」に近い)。

 

もともと、ディズニー映画はあまり見ない。
絵に違和感を感じ、さらに劇中で登場人物が歌うことにも違和感を感じるからだ。
全体的にはきれいな絵だと思うのだが、顔に違和感を覚える。
アナと雪の女王」でいえば、アナとエルサは、目が大きすぎるのか、気持ち悪いとまで思ってしまう。エルサは美人な女王に見えないことはないのだが、どうしても違和感が拭えない。
そして、ディズニー映画は昔からキャラクターの顔の表情の動きが独特だと感じている。くまのプーさんは、それがかわいいと思っていたのだが。
繰り返しになるが、絵は綺麗だと思うのだけれど…。

 


ディズニー映画には違和感を感じるということが分かっていながら、今回「アナと雪の女王」を見たのは、大ヒットしたというので、そういうものには触れておこうと思ったからだ。

 

見終わった直後の感想は、「これは歌と絵でヒットしたのではないか」だった。

 

やはり、ストーリーは子供向けだ。
展開が早く、歌を歌うシーンが多々入りながら、ドタバタ劇がありつつ、クライマックスへ、そしてハッピーエンド。
日本語吹き替え版だから余計に違和感が強いのか…?

 

これを、子供達が観て熱狂するというのなら、納得する。「アナと雪の女王ごっこ」をするときに「どっちがエルサ役でどっちがアナ役か」と争う場面もありそうだ。

 

だが、これに成人も熱狂していた。
これは不思議だ。
どの要素に熱狂したのか考えるのだが、今のところ「歌」しか思いつかない。

映画館で「ありのままで」をみんなで歌おうというイベントもあったと記憶している。「歌おかげが8割」のヒットだったと予想(妄想)。
「面白さ」はそれほどなかった。
ただ、自分が子供だったら、好きになっていた可能性はあると思う。

 


テレビ番組で、「アナと雪の女王」の劇中歌を女性(神田沙也加)と男性(覚えていない)でデュエットしているのを見たことがあるが、それは、アナとアナを裏切った相手とが歌っている歌だった。てっきり、王子様のようなヒーロー役と歌っている歌だと思っていた。

 

ディズニー映画が嫌いなわけではない。好きな映画もある。お姫様系だったら「美女と野獣」。

 

当時の露出度や浮かれ方を見ていると、もっと何かあるのかと思っていたが、意外と「普通」だった。

去年でいえば、「君の名は」だ。この浮かれ方も「アナと雪の女王」と同等かそれ以上。
少し前まで、映画館で上映されているうちに、一度観に行ってみようかと思ったのだが、「アナと雪の女王」を観て、テレビで観ればいいか…という気持ちになっている。

 


繰り返し書く。
ディズニーは嫌いではない。むしろ好きだ。

 

   

 

森友学園系列塚本幼稚園の園児の映像を見て

今、世間をにぎわせている森友学園

森友学園が運営する塚本幼稚園で行われた運動会での選手宣誓の映像がニュースで流れていた。

とても気持ちが悪いものだった。

 

運動会の選手宣誓をする園児二人が「安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ、安保法制が国会を通過してよかったです」と言っているのだ。

 

「安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ」までは、二人で揃ってはっきり発声していたが、「安保法制が国会を通過してよかったです」の部分は、本人達が意味を理解していないからか、うろ覚えの様子ではっきり言えていなかった。

 

 

こんなことを幼稚園児に運動会で言わせる成人(しかも幼稚園教諭)というのが気持ち悪くて仕方がない。

自分の子供がこの幼稚園に通っていたらと思うとぞっとする。運動会でこんなシーンを見たら、以後、通園させないだろう。

 

 

「安倍首相がんばれ」だからいけないのではない。

天皇陛下ばんざい」でも気持ちが悪い。

エリザベス女王陛下ばんざい」でも気持ちが悪い。

 「オバマ大統領がんばれ、オバマ大統領がんばれ」でも少し気持ちが悪い。

「トランプやめろ」でも気持ちが悪い。

 

これらの発言内容そのものがいけないと言うつもりはない。

これらの発言を大人が言葉の内容の意味を理解しない幼稚園児に言わせているのがいけない。

 

誰得?

 

 

園児が運動会で「安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ、安保法制が国会を通過してよかったです」と言っている。ただただ気持ちが悪い。

これを「気持ちが悪い」以外でどう言葉にしたらいいんだろう。この不快感をどう言えばいいんだろう。語彙が乏しくて泣ける。

 

 

 

「安倍 幼稚園」と検索してみた。

安倍首相の妻のフェイスブックページが検索結果に出てきた。

そのページを見ると、

大阪の塚本幼稚園にて講演。

園児達は大変お行儀が良く元気です。
毎朝君が代を歌い、教育勅語論語や大学などを暗唱。

と書いていた。

 

これを見て、毎朝君が代を歌い、教育勅語論語、大学を暗唱する幼稚園があるのだと知った。

驚いた。

これもとても気持ちが悪い。

君が代は悪い歌ではないから、好きなら歌えばいいのだけれども・・・。

論語や大学の暗唱も、悪いことではない。覚えて損というわけでもない。

でも、教育勅語の暗唱を我が子が園児時代にしていたら嫌だ。

 

 

 

現在、国が森友学園に便宜を図ったと評価されても仕方がないような事実が出てきている。資料が残っていないため、不明確な状況だが(こんなことが不明確であること自体がダメだろう・・・)。

仮に、便宜を図っていたとしたとしたら・・・

誰かから「よろしく」と頼まれた官僚がいたのか。

名誉校長が総理大臣の妻だったから、空気を読んで自ら便宜を図った官僚がいたのか。

 

資料が残っていない。

怪し過ぎるだろう。

そんな適当に国は土地を民間に売るんですか。

 

 

   

 

 

フィギュアスケート四大陸選手権(2017) フリーで羽生結弦らしさが見られる

 

フィギュアスケート四大陸選手権、男子フリープログラム。

 

ショートプログラムで違和感を感じた羽生結弦だが、フリープログラムでは彼らしさが見られた。

 

しなやかな動き。

やわらかさ。

清流の流れのようなスケーティングからのジャンプ、スピン。

 

 

ショートと同じようにジャンプで抜けてしまうミスが見られたのが惜しかった。

しかし、綺麗な演技だった。

 

 

だが、その羽生の後、最終滑走のネイサン・チェンが総合得点で逃げ切った。

フリーの得点は羽生の方が上だったが。

 

ネイサン・チェンのジャンプの出来栄えはあまり良くないように見えたが、ステップが素晴らしかった。

ネイサン・チェンが順調にジャンプの精度を上げていくとすると、ネイサン・チェンが頭一つ抜け出る時代が来るかもしれない。

 

ただ、羽生はインフルエンザにかかっていたのが惜しい。もったいない。

体調を戻すのが大変だったろう。

 

アスリートは意外に風邪をひきやすい。

練習で体力が消耗したときに、すぐ回復しなければ、体調を崩してしまう。

休息も大事だ。休んで回復することが大事だ。

 

 

次の世界選手権が今シーズンの集大成となる。

選手全員、今シーズンのプログラムを完成させて、ぶつけて欲しい。