きゅうえもんのおと

どうでもいいことだらけの日常






地上波で「アナと雪の女王」を見た感想

ディズニー映画「アナと雪の女王」が地上波テレビ放送されていたので、見た(「観た」というよりは、「見た」に近い)。

 

もともと、ディズニー映画はあまり見ない。
絵に違和感を感じ、さらに劇中で登場人物が歌うことにも違和感を感じるからだ。
全体的にはきれいな絵だと思うのだが、顔に違和感を覚える。
アナと雪の女王」でいえば、アナとエルサは、目が大きすぎるのか、気持ち悪いとまで思ってしまう。エルサは美人な女王に見えないことはないのだが、どうしても違和感が拭えない。
そして、ディズニー映画は昔からキャラクターの顔の表情の動きが独特だと感じている。くまのプーさんは、それがかわいいと思っていたのだが。
繰り返しになるが、絵は綺麗だと思うのだけれど…。

 


ディズニー映画には違和感を感じるということが分かっていながら、今回「アナと雪の女王」を見たのは、大ヒットしたというので、そういうものには触れておこうと思ったからだ。

 

見終わった直後の感想は、「これは歌と絵でヒットしたのではないか」だった。

 

やはり、ストーリーは子供向けだ。
展開が早く、歌を歌うシーンが多々入りながら、ドタバタ劇がありつつ、クライマックスへ、そしてハッピーエンド。
日本語吹き替え版だから余計に違和感が強いのか…?

 

これを、子供達が観て熱狂するというのなら、納得する。「アナと雪の女王ごっこ」をするときに「どっちがエルサ役でどっちがアナ役か」と争う場面もありそうだ。

 

だが、これに成人も熱狂していた。
これは不思議だ。
どの要素に熱狂したのか考えるのだが、今のところ「歌」しか思いつかない。

映画館で「ありのままで」をみんなで歌おうというイベントもあったと記憶している。「歌おかげが8割」のヒットだったと予想(妄想)。
「面白さ」はそれほどなかった。
ただ、自分が子供だったら、好きになっていた可能性はあると思う。

 


テレビ番組で、「アナと雪の女王」の劇中歌を女性(神田沙也加)と男性(覚えていない)でデュエットしているのを見たことがあるが、それは、アナとアナを裏切った相手とが歌っている歌だった。てっきり、王子様のようなヒーロー役と歌っている歌だと思っていた。

 

ディズニー映画が嫌いなわけではない。好きな映画もある。お姫様系だったら「美女と野獣」。

 

当時の露出度や浮かれ方を見ていると、もっと何かあるのかと思っていたが、意外と「普通」だった。

去年でいえば、「君の名は」だ。この浮かれ方も「アナと雪の女王」と同等かそれ以上。
少し前まで、映画館で上映されているうちに、一度観に行ってみようかと思ったのだが、「アナと雪の女王」を観て、テレビで観ればいいか…という気持ちになっている。

 


繰り返し書く。
ディズニーは嫌いではない。むしろ好きだ。