きゅうえもんのおと

どうでもいいことだらけの日常






羽生結弦の股間が気になる人は多数いた

 

現在、フィギュアスケートのシーズンオフ。

 昨シーズン、気になっていることがあった。

 それは、羽生結弦ショートプログラムの衣裳は股間が目立つということ。

 

NHK杯のときだったか定かではないが、裏でアップしているシーンが映ったときに、股間がものすごく目立っていた。

大きくなっていたんじゃないかと思うくらいに。

 

見てはいけないものを見てしまったような気持ちになった。

 

 

 男は、いやらしいことを考えていなくても、興奮状態になると股間が大きくなることがある。

だから、たまに、スポーツ選手は勝利の直後に興奮のあまり股間が大きくなっていることがある。

有名なところでは、野球のWBC優勝時にイチローが「○○そう」とインタビューで発言したことがあったが、あれは、興奮状態にあったこと、緊張状態があったこと、達成感を感じたことなどを表す一言だったのではないかと考えている。

 

筆者は、羽生の気性は非常に男性的であると考えている。

 演技前の緊張感からそうなっていたのかもしれない。

これから演技することに対して興奮していたのかもしれない。

 

 

演技に入ると、アップの場面が映った時ほど大きく見えなかった。

 

もともと、レッツゴークレイジーの衣裳は下半身がぴったりとしていて、尻もくっきり浮かび上がっていた。

本人も分かっていただろうが、「恥ずかしいから嫌だ」とは思わずにそれを着ていたのだから、本人は見えてもいいと思っていたのだろう。

 

 

Google検索で「羽生結弦 股間」で検索してみると、レッツゴークレイジーの衣裳について触れている記事がいくつも出てきた。

中には、生生しいミセス(熟女)のコメントを書いているものもあった。

 

やはり、気になっていたのだ。

羽生のファンではない筆者ですら気にしていたのだから、テレビを食い入るように見ている熱心なファンは筆者の何倍も気になるだろう。

 

来シーズンの衣裳はどんなものになるのか。