きゅうえもんのおと

どうでもいいことだらけの日常






「おやつ」といえば

今週のお題「おやつ」

 

 

「おやつ」と聞いて思い浮かぶ物について考えてみる。

 

 

小学校低学年までは おにぎり

 

小学校低学年の頃は、学校から帰るのが早かった。

 

2時くらいに家に帰ると、母がおにぎりを握ってくれた。

握りたてのおにぎりは、まだアジシオが馴染んでいなくて、粒が分かるくらいだった。それが好きだった。それに縦長の味付け海苔を巻いて食べる。味付け海苔がまだパリパリしているうちに味付け海苔に到達するのが目標だった。

 

今でもおにぎりは ほっかほかの握りたてが好きで、塩の粒が分かるくらいが好きだ。

白いご飯に塩をかけるのとは違う。握ってあるからおいしい。少しご飯粒が押されて ねちっこく ねばりが出ているのがおいしいのだろう。ぎゅっと握るからおいしい。ご飯粒とご飯粒がバラバラになっている、茶碗の中のあの白いご飯とは違う。あれはあれでおいしいけれど、おにぎりのおいしさとは違う。

白いご飯と塩。このコンビが「握る」だけで違う食べ物になる。

 

 

あつあつご飯を握ったできたてのおにぎり。

好きな人は思い浮かべてほしい。

 

あれは「おやつ」になり得るか。

なる。

「おやつ」になる。

ごはん だけど「おやつ」になる。

 

だが、コンビニのおにぎりは「おやつ」にならない。

あれは「おやつ」ではない。

別のものだ。違う食べ物だ。

セブンイレブンのおにぎりはおいしい。おいしいが、「おやつ」にはならない。

 

あつあつごはんの握りたての塩振りたてでなければならない。

 

 

 

夏はピノ

 

夏はアイスが思い浮かぶ。

 

ガリガリ君」を筆頭に挙げる人も多いだろう。

だが、筆者は「ピノ」を選択する。

 

ガリガリ君」もおいしい。

7月下旬の梅雨明け後の炎天下の下、溶け落ちてくる液体のスピードと戦いながら食べる「ガリガリ君」。

コンビニなんてなかった。買うのはスーパーか、個人商店だった。

買ったら店の前ではなくて、自転車で公園や幼稚園のグラウンドに移動した。昔はすごく遠く思えた。

自転車を停めたら、自転車に乗ったまま、ゴミを自転車のかごの中に入れて「ガリガリ君」を食べた。

 

それがいつしか、「ピノ」になった。

お店で買って、自転車に乗って公園に移動して 「ピノ」を食べる。

ガリガリ君」と比べると 「ピノ」は値段の割に物足りなく感じる。

小さな台形のチョココーティングされたアイスが6個入り。足りない。

足りないから、食べたくなる。「足りないくらいがちょうどいい」。

 

チョコとバニラアイスとのコンビが今でも大好きだ。

今だったら「パルム」もいい。だが、もうちょっとチョコがパリパリしている方が好きだ。

 

大人になると、「ピノ」をバラエティパック(ファミリーパック)で買えるようになる。が、気に入らない。

3種類入っている。そのうち、外チョコ・内バニラアイス、外チョコ・内チョコアイスは、分かる。だが、外アーモンドチョコ・内バニラは気にくわない。

 

なぜ そんなことになる!

頼むから、チョコ&バニラアイスか、チョコ&チョコアイスの2種類だけで売ってくれ!!

ずっと待ってるけど、何年も二桁年も待ってるけど、変わらない!!

なぜだ!!

 

種類を減らした方が手間がかからないだろう。…と考えるのは素人だからか。

しかし、「ピノ」好きは、3種類もいらないと思っているはずだ。

 

2種類でダメなら、1種類で売ってほしい。

それなら、安い店で「ピノ」を大人買いすればいいだけのことか。

 

 

 

 

王道 ポテトチップス

 

「おやつ」といえば、カルビー

カルビーといえば、ポテトチップス。

 

昨年、北海道が台風に見舞われ、雨がひどく降って洪水が起こったせいで じゃがいもが確保できないとして、カルビーは一部商品の出荷を停めた。その中に「ピザポテト」が入っていた。

 

これは痛い。消費者としても、生産者としても、製造者としても。

 

「ピザポテト」を初めて食べたとき、あのチーズがとてもおいしいと思った。小学校1年生だったのではないだろうか。

厚切りギザギザポテトで、食べ応えがある。

うすしお」とか「コンソメパンチ」の「ポテトチップス」と同じ形状のポテトを薄切りしたものにチーズを乗せただけでは、あそこまでおいしくない。商品開発した方 グッジョブだ。

 

もう少し(数か月かかるようだが)で「ピザポテト」が通常モードになるらしいので、安心した。今となっては たまに食べる「おやつ」になっているが、無いと不安、あれば安心だ。

 

近所の店から、一時期「コンソメパンチ」が消えた。北海道の収穫量が落ちたからではないかと思った。

セブンイレブンへ行くと、プライベートブランドでコンソメ味のポテトチップを売っていた。購入して食べたが、味がとても濃かった。濃いのがお好きな方はぜひ、お試しあれ。

 

コイケヤ」の「カラムーチョ」も好きだ。

だが、あれは食べると ニンニク臭くなる。

中学生くらいの頃、おばあちゃんに、「あんた、ニンニク食べた?」とよく聞かれていた。「いや、食べてないよ」と答えると、「食べてない?そう?ニンニク臭いなぁ~」と言っていた。最初はピンと来ていなかったが、原因が「カラムーチョ」にあるということに気付いた。だが、やめられなかった。「止められない、止まらない」。

 

かっぱえびせん」もおいしい。特に、梅味と塩味、ソース味などが好みだ。

 

「カール」はちょっと違う。

 

現在、ポテトチップスでもっとも気に入っているのが「しあわせバター」である。

「あまじょっぱい」のが大好きだ。

「あまじょっぱい」で思い浮かぶのは、「ハッピーターン」、「ぽたぽた焼」。「ハッピーターン」は、もちろん粉まで舐め尽くす。あの魔法の粉を売ってくれないだろうか。手に入れたとして、何に使おうか。あぁ…「ハッピーターン」の粉よ……降り注いでおくれ。

「あまじょぱい」は正義だ。

 

 

 

 

結論

 

ほかほか握りたておにぎりは「おやつ」になり得る。

夏はガリガリ君、ピノ。ピノは大量に食べたかったら、バラエティパックを買うより、6個入りを大人買い

王道はポテトチップス。ピザポテトも素晴らしい。カラムーチョもかっぱえびせんもおいしい。

「あまじょっぱい」は正義。