きゅうえもんのおと

どうでもいいことだらけの日常






「小林麻央さん亡くなる」というニュースに率直に思うこと

 

昨日(2017年6月22日)夜、小林麻央さんが亡くなったそうだ。

夫の市川海老蔵氏が会見をしていた。

 

 

小林麻央さんがブログを更新するとニュースになっていた。Yahoo!のトピックスで何度も見かけた。それで見なければ、わざわざブログにアクセスしたりすることはなかったので、一個人の病気の話だが、ニュースにすることも何らかの意味があるのかもしれないと思った。

 

去年の乳がん公表の会見の内容を聞いた時点で、かなりまずい状況だということは、多くの人が感じたと思う。

その後の経過も良くなく、いい方向へ向かっているという内容はなかったのではないかと思う。これは、自分の認識だが。

 

 

 

市川海老蔵氏は、20代の頃、中々のやんちゃぶりを見せていたが、父親市川団十郎氏が亡くなったのをきっかけに、責任感を持つ大人へと変貌したと感じている。

一年前の、小林麻央さんの乳がん公表の会見でも、かなりしっかりした受け答えをしていた。

父親が亡くなり、子供が生まれ、将来の市川団十郎であるという自覚が明確となり、背負う覚悟ができたのではないかと推測する。

 

 

小林麻央さんについては、残念でならない。

婚約会見、結婚会見での美しい姿が度々テレビで流れるが、それを見る度に切ない思いになっていた。ブログの写真が、徐々に、癌を患った人特有の人相になっていっていたからだ。

小林麻央さんなら、加齢によって、年相応の美しい女性になっていただろうと思う。

 

子供の成長を見たいという気持ち、死にたくないという気持ちはあったろうと思う。

自分はそんな気持ちになりたくない。とても怖い。

大切な家族が末期がんになるなんてことは想像もしたくない。

 

 

小林麻央さんのような状況に置かれている人はたくさんいるのだろう。

乳がんにかかる女性の割合はとても高いと聞く。3~4人に一人くらいの割合ではなかっただろうか。乳がんにかかった人で、かなり進行している人は多くいるだろう。

 

小林麻央さんのブログや周囲の人達が発する情報によって乳がんにかかるとどういうことになるかということが知れ渡ったと思う。

触って分かる癌であるということだから、なるべく早く気付くように、女性は気を付けた方がいいと思う。

 

 

市川海老蔵氏のプロポーズが「来世でも再来世でも一緒に」という内容だったというが、それが、こんなことを暗示していたとは思いたくはない。

これがこれから先、ロマンを感じるエピソードとして語られるように、市川海老蔵氏には頑張ってもらいたい。