きゅうえもんのおと

どうでもいいことだらけの日常






武田真一アナウンサーがスーツで出演〔クロ現+〕。福岡・大分豪雨、治水・治山事業について。

 

NHKの「クロ現+」を見たら、武田真一アナウンサーがスーツで主演していた。

 

武田アナは、ニュース7からクロ現+に移動してからは、スーツよりはカジュアルなジャケット着用で出演していた。

 

しかし、福岡・大分豪雨が起こり、それをテーマとして扱うということで、スーツ着用を選択したのではないだろうか。

 

まだまだ報道畑に身を置いているということを視聴者として実感できた。

 

 

 

昨夜は、特別警報が出たことで、NHKは終夜、災害対応の特別放送をしていた。

今後、このような災害が起こったりすれば、武田アナが緊急ニュースに出動することもあるのだろう。

 

願わくば、そのような事態にはなってほしくはない。

武田アナには時間割通りに出演してもらいたい。

 

 

 

今回の福岡・大分豪雨はひどい。

伊豆大島や広島の土砂崩れもすさまじかったが、今回の被害もかなりひどい。

 

こればかりは、どうすることもできない。

 

今回、被害に遭った人達も、その人達が何か悪いことをしたわけではない。

たまたま、そこに住んでいて、たまたま、集中的に雨が降ってしまったというだけだ。

雨が降ることを止めることができるわけでもなく。

 

民放のニュースで、治水に関する公共工事をしなければいけないんじゃないか、という発言をする司会者がいたが、それは、現実問題として、とても難しい。

川は無数にあって、総延長は何百キロ、何千キロになる。

一つの自治体ですら、それくらいの距離になる。

山があって、低い土地(谷)があれば、それだけで水の通り道になる。

それを全て治水・治山事業で、絶対に水害を起こさないようにするというのは無理である。

金に限界があるからだ。

 

砂防ダムですら、今、砂が溜まって機能しない可能性のあるものが多数あるという。

それを更新することもできない財政なのだ。

なんたって、医療費が賄えずに増額するくらいだ。治水・治山事業に多額の支出などできない。

 

こればかりは、今後数十年は、天にまかせるしかないのだ。

いまだ、天には勝てないのだ。